2013年9月5日木曜日

m o n o - c h r o m i u m

無彩色を重ねて







こちらは5月に行われた友人の結婚式のときにしていたネイル
ANGLOMANIAの黒のワンピースに合わせて

靴も黒だったから、差し色に爪くらいは真紅にしようかと思ったんですが、合わせたいバッグがブルー系だったので、おとなしくモノトーンに
今思えば、バッグを変えればよかったんだなー

そもそも晴れの日にふさわしくない出立ですね



使用ポリッシュ(左から)
[ARCaNCIL Paris] 30 GRIS CASHMIRE
[smelly] 63 ヨーグルト
[MAVALA] 66 LIVERPOOL
[ZOYA] ZP389 TRIXIE

Step1.Base Coat / one coat
Step2.[essie]Potato Fields(写真なし) / one coat
Step3.各色 / 深めに斜めフレンチ各色
Step4.各色 / Step2の対角に斜めフレンチ
Step5.Top Coat / two coat


░▒▓░▒▓░▓▒░▒▓░▓▒░▒▓░▒▓▒░▒


ネイルのソースはこちらの靴

 ピンクマウスが売り切れだったので、ブラックアイスを買ったんですが、横から見ると左右違う靴を履いているみたいでおもしろい
グレーも欲しかったな
あれ? 今気づいたんだけど、韻踏んでるね

イタリア製だけあってかどうだか、革がお箸で切れちゃうくらい柔らかくて、大変履きやすいです

あぁ結婚式には履いていってませんよ、もちろん
(誤解があったようなので)



ネイルについても触れとかないと.....

以前にも色調を変えて何度かやってたんですが、全くもって技術を必要としないが、時間はまぁまぁかかるネイルです
何も考えなくていいので、頭がぼーっとしているときに御鉢が回ってきます

ARCaNCIL はベルギーでぶらっと寄ったInnoにて購入
まぁどうってことないです、特にお勧めしません


░▒▓░▒▓░▓▒░▒▓░▓▒░▒▓░▒▓▒░▒ 
 
 
 
結婚式は....新郎がチューを頑なに拒否し続けてた
それとごはんがおかわり自由だった、コースなのに
コース自体プリフィックスで、一皿の量はかなり控えめ
故に、おいしかったお皿はリクエストするとまた運んでくれます
コースが進んでも振り返ってオーダーできたり、プリフィックスをすべてオーダーもできる
男性陣はたらふく食べれたし、女性陣は少しずついろいろ食べれて、みんな大満足でした



こんな食べてばっかじゃないちゃんとしたネイルブログはコチラからどうぞ
⇩⇩⇩⇩⇩
にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

▼コメントについて▲
Safariからのコメントは「匿名」をご選びいただくと可能です。
その場合には必ず本文中にお名前をご記載ください。
それ以外の方は「名前/URL」からお願いいたします。
お名前がないコメントにつきましては、お返事を控えさせていただく場合があります。